2018年09月28日

掟上今日子の推薦文

 寝たり気絶したりすると記憶がリセットされる設定のため、今日子さんはエネルギッシュに活動するし有能なのでサクサク話がすすんでいくところがいい。
 事件の真相については伏線を丁寧に仕込んであったので納得できた。
 今日子さんが羽川翼ではないか、とミスリードを誘っていく描写はこれからも続けるのだろうか。
ラベル:小説
posted by iroiro at 16:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: