2016年11月07日

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第31話

 死亡フラグ立ちっぱなしでヒヤヒヤした。チャドが意識不明、ディアーチェが裏切っていてタカキが指揮をとらざるを得ないってやっぱり無理があるな。もうすこし年配の事務方がいれば補給とか整備とか難癖つけて休養をとらせることができるんだが。
 ガランがおもったより慎重かつ悪辣で驚いた。うまい具合に鉄華団をすりつぶそうとしている。

タグ:アニメ
posted by iroiro at 08:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443606649

この記事へのトラックバック

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第31話 『無音の戦争』 マクギリスと鉄華団地球支部が敵対、どーすんのこれ!?
Excerpt: アリアンロッド艦隊のラスタル・レミオン。彼とマクギリスの権力闘争に端を発し、鉄華団火星本部と地球支部に離間の策。 アーブラウとSAUの関係は悪化の一途を辿り遂に開戦。でも最初からグダグダ。..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2016-11-07 08:59