2017年01月31日

紅殻のパンドラ (9)

 ポセイドンのキャラがたくさん出てきたな。ネネ、クラリオン、ウザルにそれぞれ対応しているみたいで敵になるかライバルになるか友達になるか気になる。
 ゲルコマにとってすさまじい影響力を持つブリなんとかさんはなんなんだろうな。ゲルコマのAIが誤動作してブリなんとかさん主導の反乱がおきるかもしれない。

ラベル:コミック
posted by iroiro at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日清のどん兵衛 カルボナーラうどん

 ネタでつくったカップ麺だろう、とおもっていたがちゃんとしたカルボナーラ味のスープパスタだった。おいしい。

ラベル:カップ麺
posted by iroiro at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

山賊ダイアリー(7)

 猟師の高齢化問題は個人の力ではどうしようもないな。
 岡山でも山間部は冬の寒さがきつそう。
 完結とはいえSSに続くらしいので楽しみ。

ラベル:コミック
posted by iroiro at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GIANT KILLING(42)

 ETUと東京Vのダービー戦。東京Vの秋森がいい仕事をしていた。
 ETUは椿、夏木、ガブが頑張っているが持田の引き立て役になりそう。

ラベル:コミック
posted by iroiro at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話

 アキヒロとラフタがフラグをたてすぎていたがああなってしまうとは。モビルスーツでの戦闘だけでなくああなってしまうとはさすがヤクザガンダム。こうなったら弔い合戦しかなくなってしまうな。

ラベル:アニメ
posted by iroiro at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昭和元禄落語心中 助六再び篇 第4話

 小夏の寿限無はよかった。
 話全体がほんわかしててうまくいっていたな。

 樋口が写真を撮ったことが何か禍根を残すのではないか、というのは考えすぎだろうか。

ラベル:アニメ
posted by iroiro at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

幼女戦記 第4話

 ターニャおじさんの言動と内心のギャップ、ターニャおじさんの思惑と周囲の評価のギャップがおもしろい。策を弄したあげくに地獄へ突き進んでいくんだな。
 おっさんたちが煙草を吸いながら会議してるシーンはかっこよかった。

ラベル:アニメ
posted by iroiro at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ALL OUT!! 第16話

 籠コーチが部員たちにかける言葉はなかなかよかった。全員あつめた甲斐があったな。
 コーチの奥さんが切れるかとおもったが仲良くやってくれてよかった。ゴマフアザラシの件をみると切り替えがはやいのだろうか。
 トリプルマシマシ+ギョーザ+チャーハンのあとに焼肉を食えるとは運動部所属の高校生男子の食欲はあなどれない。

ラベル:アニメ
posted by iroiro at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

実は私は 19

 委員長の件はきれいに終わったな。と思ったら委員長の兄ってそういやいたな。すっかり忘れていた。
 受験が近いのに遊園地へ行ったり誕生パーティしたりしてるけど勉強は大丈夫なのか?

ラベル:コミック
posted by iroiro at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幼女戦記 (3)

 「覇権国家」だの「世界大戦」だの未知の領域の言葉をゼートゥーア准将の前でしゃべったら逃げようがなくなるんだよなあ。とはいえ後方でエリートコースにのるにはそれくらいのリスクを冒さざるをえないジレンマ。あいかわらず周囲とターニャおじさんの認識のギャップがおもしろい。
 説明コマに出てくる動物キャラがかわいい。
 トーンがあまり使われずに白黒はっきりした絵柄が作品に合っていると思う。

ラベル:コミック
posted by iroiro at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

かくしごと(2)

 編集者の十丸院がそのうち原稿紛失なんかをやらかしそうでこわい。
 鎌倉でいったい何があったのか気になる。

ラベル:コミック
posted by iroiro at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイヤのA act2(5)

 降谷が大崩れして準決勝敗退か。こうサクサク終わると夏の甲子園はじっくり描くんだろうか。

ラベル:コミック
posted by iroiro at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

耳刈ネルリと十一人の一年十一組

 ネルリとレイチの恋の行方もついに決着。甘々な展開だった。
 卒業してクラスメイトがばらばらになってまた再開するってのは青春の終わりというかんじがしてほろ苦かった。

ラベル:ライトノベル
posted by iroiro at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

信長の忍び 第17話

 龍興の言っていることももっともなんだよな。「天下統一?なにそれ?」って大名のほうが多いし。だから信長がすごいということでもあるんだけど。

ラベル:アニメ
posted by iroiro at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

つぐもも(18)

 9人対9人の戦いで決着をつけるという往年のジャンプ漫画のような展開になるようだ。
 戦闘シーンはすくなかったが裸のシーンが多かった。霊力の回復という理由付けもできたし裸のシーンが増えそう。

ラベル:コミック
posted by iroiro at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怒りのグルメ

 わざわざ安くてまずい飯屋で食事して難癖つけてタダメシを食ってる主人公に好感がもてなかった。
 中盤から勧善懲悪ものになっていたがイマイチ。

ラベル:コミック
posted by iroiro at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

ALL OUT!! 第15話

 「金がない」といっているのにコンビニでカップ麺を買い自販機で飲み物を買う姿は貧困のスパイラルに陥っていて見ていてきつかった。今回は江文が金を出してくれたが来年はどうするんだ。いい話のようにまとめていたが何も解決していない。
 赤山や八王子が引退したら退部する人間はもっと増えそうだな。

ラベル:アニメ
posted by iroiro at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

傷物語

 阿良々木と羽川が主人公とヒロインすぎてすごいな。会話の内容はちょっとおかしいがこのまま恋人同士になってもおかしくなかった。これが猫物語につながっていくんだな。
 羽川の性的アピールがすごかった。無意識にやっているのか、それとも阿良々木を落とすためにやっているのか。

ラベル:アニメ
posted by iroiro at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話

 シノが腹芸をみせてアキヒロと一緒に救援にむかったときはワンチャンあるとおもったんだがな。結局ああなってしまった。
 イオクは因果応報としかいいようがない。

 アキヒロとラフタはフラグがたっているのであぶなかっしくてしょうがないな。
 ミカヅキのためにそろそろ車椅子を用意してやるべきだとおもう。

ラベル:アニメ
posted by iroiro at 17:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昭和元禄落語心中-助六再び篇- 第3話

 小夏の子供の父親の件はどうなることかとおもったがなんとかなったな。助六がひどい目にあってもおかしくなかった。
 前回の予告で八雲が胸を押さえて苦しそうにしていたが杞憂ですんでよかった。「居残り」はなかなかすごかった。

ラベル:アニメ
posted by iroiro at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする